SWING GIRLS

 (作品紹介)
  「ジャズやるべ」17名のSWING GIRLS&A BOYが、ある日、ビッグバンドを結成する。この映画の中で演奏されている曲は猛特訓の結果、全て出演者が演奏しているという。東宝株式会社 2004年作品 カラー105分

(ストーリー)
  舞台は東北地方。夏休み返上で補習授業を受けている女子高生たちが、授業をサボる口実として、ビッグバンドを始めようとするが、やる気はゼロ。しかし、楽器から少しずつ音が出るようになるにつれ、ジャズの魅力に引き込まれて本気でバンドを結成する。でも、楽器を買うお金はないし、バイトもうまくはいかない。なんとかお金をためて中古楽器を購入したが、今度は練習場所に困る有様で、せっかくのバンドが解散の危機。波乱だらけの彼女たちは、年に一度の音楽祭に無事出場できるのか…。

(理容店の風景)
  バンド唯一の男の子が、音楽祭を前に、サロンでカットをしてもらっていると、バンドの指導者であるはずの先生が、サロンの前の音楽教室にそそくさと入っていくところを目撃。実は先生も初心者だったのだ。サロンで男の子をカットする主人として、山形県組合の遠藤和人さんが出演している。

Translate »
ツールバーへスキップ