(作品紹介)
  発売元:ジェネオンエンタテインメント㈱・1963年・モノクロ11分

(ストーリー)
  理容店の朝。主人が朝食を食べようとパンにナイフを入れると中から一つの「鼻」が出てきた。人に見つかる前にと外に捨てに出るが、人目が気になってなかなか捨てられない。
  一方、ある男は朝、目覚めると、自分の鼻が無い。彼は鼻を求めて、彼の前に突如現れた鼻人間を追いかけるのだが…。

(理容店の風景)
  終盤には、シェービングシーンが登場。ピンスクリーンという特殊技法で描写されている。
  ※写真はアレクサンドル・アレクセイエフ作品集

Translate »
ツールバーへスキップ