髪がかり

(作品紹介)
  発売元:㈱ポニーキャニオン・2008年作品・カラー103分

(ストーリー)
  電車に乗り合わせている、ちょっと不幸せな3人。
  沙紀はとある学校の事務職員。気が弱い性格で、毎日ろくなことが起きない。髪を切ろうと思っても、美容店の予約がとれない。その時、いつも前を通っている理容店を思い出す…
 俊介は就活中の大学生。何十社も面接を受けても全部不採用。そんなある日、頭に鳥のフンをかけられてしまうが、ちょうど理容店を見つけ、シャンプーしてもらおうとドアを開ける…
 かえでは受付嬢。自宅が泥棒に入られてしまった。友人宅に避難するため荷物を運んでいると、運悪く急に雨が。すると、軒を借りた理容店が中に招き入れてくれた。
  3人は女理容師(夏木マリ)に髪を(沙紀は眉も)カットされ「とてもお似合いですよ」と囁かれると、髪型だけでなく性格まで変わり、人生も変わっていく…。



(理容店の風景)
  理容店のシーンは全編、東京都中野区の「ヘアーサロンギンパリーHIRO」で撮影された。

Translate »