羊の木

 

(作品紹介) 
  発売元:㈱ジェイ・ストーム・2018年作品・カラー126分

(ストーリー・理容店の風景)
 自治体が受刑者を受け入れる新仮釈放制度により、殺人歴のある6名の男女が魚深市に移住してくる。市役所職員の月末一(錦戸亮)は彼らの受け入れ担当を命じられるが、移住者たちの過去を住人に知られてはならないという決まりがあった。犯罪者を受け入れた町と人々の日常に、少しずつ狂いが生じていき…。

 移住者の一人、福元宏喜(水澤紳吾)は「理容アマモリ」で働き始める。バリカンで髪を刈り上げたり、シェービングを施術するシーンが登場する。

 

 

 

 

Translate »
ツールバーへスキップ