米(こめ)

 (作品紹介)
  農漁村の暮らしを綴った、今井正監督の問題作。発売元:東映ビデオ㈱・1957年作品・カラー118分

(ストーリー)
  農家の次男・次男(江原真二郎)は、相続する土地もなく、農作業にも精が出ない。兄妹の冷たい目に耐えかねて漁師の作造の下で仕事を始めるが…。

(理容店の風景)
  次男は、自衛隊帰りの仙吉(木村功)と組んで船を借り、帆曳き網漁を始めるが、仙吉が次男を誘った場所が理容店。通りに立った仙吉が、順番待ちする次男に窓越しに話しかける。

Translate »
ツールバーへスキップ