私は貝になりたい

(作品紹介)
  58年にフランキー堺主演で制作・放送され、芸術祭文部大臣賞を受賞、翌年には映画化もされた名作テレビドラマのリメイク版。 発売元:TBS VIDEO・1994年作品・カラー118分

(ストーリー)
  昭和19年、高知県で理容店を営む理容師、清水豊松は応召され、上官の命令で捕虜のアメリカ兵に銃剣を向けて突撃する。終戦を迎え、高知で理容業に戻った豊松だが、アメリカ兵殺害の戦犯容疑で逮捕され、死刑を宣告される。再審の嘆願をするもかなわず、刑場へと向かう豊松…。

(理容店の風景)
  所ジョージ演ずる豊松は、仕事がていねいで通ってきた実直な理容師として描かれている。いつも近所の人が集い、客待ちの小上がりでは学生が将棋を指しているというような、当時の理容店の雰囲気を感じることができる。
  戦中の場面では店名が「清水理髪店」で、サインポールは木製棒状の地面に立てられた形状であったものが、戦後の場面では「BARBERシミズ」となり、サインポールが電動式になっているのが興味深い。
  なお、クレジットにはないが、この作品の製作段階では、全理連も資料提供などの協力をしている。

Translate »
ツールバーへスキップ