沈まぬ太陽

(作品紹介)
  発売元:角川映画・2009年作品・カラー202分

(ストーリー)
  国民航空の労働組合の委員長として社員に有利な待遇を勝ち取った恩地元(渡辺謙)は、報復人事として中東やアフリカへの度重なる転勤を強いられる。恩地は会社への謝罪と引き換えに日本への復帰を持ちかけられるが、自身の信念と家族の幸せとの間で葛藤する。
  1985年の夏、御巣鷹山で国民航空のジャンボ機が墜落する事故が発生し、恩地は遺族の対応係に任命されるが…。

(理容店の風景)
  理容室が登場するのは、利根川総理(加藤剛)と竹丸副総理(小林稔侍)が国民航空の事業について話し合う場面。丁寧な仕事で2人の政治家のカットと顔剃りが行われていくシーンに注目。

Translate »
ツールバーへスキップ