日本一の裏切り男

(作品紹介)
  発売元:東宝㈱・1968年作品・カラー94分

(ストーリー)
  特攻隊の生き残り、日の本太郎(植木等)は、闇物資やパチンコ玉を横取りして大儲けを企むが、どうもうまくいかない。しかし、日本にあるものは何でも売る会社を始めるとこれが成功し、ついには日本まで売ろうとする…。

(理容店の風景)
  闇市の青空理髪店に現れた太郎は、使えない札しか持ってないと店主(いかりや長介)に断られる。店を覆うシートが赤白青の3色だが、サインポールの代わりか?

Translate »
ツールバーへスキップ