尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~

 

(作品紹介)
 発売元:㈱バップ・2012年作品・カラー173分

(ストーリー・理容店の風景)
 多くの犠牲者を出した1985年の日航機墜落事故で大切な人を失った家族の四半世紀を描いたヒューマンドラマ。
 小倉光太郎(小林海人)は、母と妹を事故で失い、親戚の意向で父の秀人(萩原聖人)と離れて暮らすことになる。定期的に会いにきていた父は次第に来なくなり…。
 作中、光太郎と秀人が理容店でカットするシーンが登場。店内には椅子が3台、外にはサインポールが回っている。

 

 

 

 

Translate »
ツールバーへスキップ