エンドロール~伝説の父~

 

(作品紹介) 
  発売元:WOWOW・2012年作品・カラー1 17分

(ストーリー・理容店の風景)
  映画監督の橋本雄司(中村獅童)は、親友の尾崎明生(萩原聖人)から手紙を受け取り、20年ぶりに帰郷する。入院中の明生と再会した雄司は、明生が書いた脚本を映画にしてほしいと頼まれ、雄司は映画の撮影を決意するが…。
 作中、随所に登場する「尾崎理容店」は明生が営む理容店。椅子は2台、店内は綺麗に清掃されており、チョキちゃんのステッカーや壁掛け看板が貼られている。

Translate »
ツールバーへスキップ