そして、生きる

(作品紹介)
 発売元:カルチュア・パブリッシャーズ/2019年作品/カラー合計2 9 3分

(ストーリー・理容店の風景)
 岩手県に住む生田瞳子(有村架純)は幼いころに両親を事故で亡くし叔父の和孝(光石研)に育てられた。瞳子の夢は女優になることで、東京で開催されるオーディションを控えていたが、大震災が起こってしまい…。
 和孝は理容店を営んでおり、ストーリーをとおして登場。カットをはじめ、シェービングやスタンドシャンプーなどの施術のほか、剃刀をストラッピングするシーンなど、理容の仕事が忠実に再現されている。

 

 

 

 

 

Translate »
ツールバーへスキップ