年度別・理容業界振興論文歴代入賞者一覧

年 度 入 賞 氏 名 組合名 論文テーマ
昭和
56年度
(第1回)


応募数
(32篇)




優秀賞 山本 一秀 大 阪 立地環境と理容店経営
努力賞 深沢  権 岩 手        〃
木島 京一 新 潟        〃
永野  進 千 葉        〃
奨励賞 高橋 正興 北海道        〃
田村 武治 宮 城        〃
大場 隆吉 東 京        〃
兼平幸四郎        〃
角垣内睦徳 大 阪        〃
57年度
(15篇)


優秀賞 大野 悦司 東 京 私はこうして顧客の固定化に努めている
努力賞 高橋 正興 北海道        〃
中村 揚一        〃
奨励賞 菊地 道子 茨 城        〃
竹村 忠彦 大 阪        〃
58年度
(15篇)


優秀賞 富樫 憲雄 山 形 私の理容店経営・5年間の比較
努力賞 竹村 忠彦 大 阪        〃
大阪  健 京 都        〃
奨励賞 今福 輝子 福 島        〃
矢代  勉 東 京        〃
59年度
(13篇)


優秀賞 平田万夕美 香 川 理容の価値を高める
努力賞 鈴木 雄視 千 葉 後継者を育成する
斎藤  勇 福 井        〃
奨励賞 山田 徳逸 東 京        〃
田浦 光正 福 岡 私の新技術修得法
60年度
(16篇)



優秀賞 角垣内睦徳 大 阪 理容業における顧客サービスとは
努力賞 矢代 作子 東 京 今、理容が求められていること
石上 宏栄 神奈川 組織拡充のための組織活性化への方途
奨励賞 井上 英俊 広 島 Sマークと理容店
若井 義文 東 京 組織拡充のための組織活性化への方途
高橋 正興 北海道 21世紀の理容店経営
61年度
(23篇)



優秀賞 吉田 直樹 神奈川 青年部活動は何を変えるか
努力賞 石上 宏栄 私の余暇・新鮮利用法
川端 教弘 大 阪 理容店は現代のコンビニエンス・ストア-だ
石山  博 ただいま挑戦中 わたしの新作戦
奨励賞 山下 一代 福 岡 婦人部活動は何を変えるか
桜井 義孝 香 川 地域ぐるみ理容店浮揚計画
62年度
(14篇)

優秀賞 村上ヨシ子 三 重 理容業の振興策はこれだ
努力賞 関村 豊作 千 葉 支部(地域)ぐるみ理容店浮揚計画
藤本 勝大 愛 媛 私の余暇・新鮮利用法
奨励賞 市兼スエ子        〃
63年度
(7篇)
優秀賞 安部川 功 神奈川 理容業の振興策はこれだ
努力賞 高橋 正興 北海道        〃
平成
元年度(24篇)


優秀賞 竹村 忠彦 大 阪 理容業の振興策はこれだ
努力賞 安部 寿子 京 都 婦人部活動は何を変えるか
上馬 正喜 石 川 振興計画を街のすみずみまで
奨励賞 手塚 昌子 栃 木 私の余暇・新鮮利用法
高橋 正興 北海道 理容業の振興策はこれだ
石井 勝也 東 京 理容業への提言
2年度
(6篇)
努力賞 高橋 正興 北海道 理容業の振興策はこれだ
奨励賞 安部川 功 神奈川 理容生涯学習の制度化への考察
3年度
(19篇)



努力賞 松谷 幸三 青 森 '92 世界大会を成功させるために
鈴木 琢夫 三 重 理容店の新しい経営
三村 友江 岡 山 理容師の生き方
奨励賞 高橋 正興 北海道 理容業の現状から
松田  通 山 形 若者にとって魅力ある理容業とは
戸田 隆久 愛 知 新時代における経営の視点
4年度
(13篇)


優秀賞 松原 安子 大 阪 自店における付加価値
努力賞 仲条志治郎 山 形 教育行政と業界振興
戸田 隆久 愛 知 若年層対策と意識の再構築を
奨励賞 高橋 正興 北海道 イメージの時代の理容業
今村一史朗 福 岡 組合は業の羅針盤
5年度
(7篇)
優秀賞 名取 英世 大 阪 理容業の活性化と自店の実践
努力賞 山本 和昭 岡 山 組合組織のあるべき姿について
6年度
(12篇)

優秀賞 西島 唯義 静 岡 理容業の増収対策は創意工夫
努力賞 松山  栄 神奈川 適正化規程の廃止と時短
奥田 詔紀 東 京 社会に生きる理容
奨励賞 青木  正 神奈川 組合活動に於ける3つの視点
7年度
(24篇)


最優秀賞 奥田 詔紀 東 京 戦後50年と「わが理容業」の歩み
優秀賞 芝  定彦 大 阪 理容業におけるTQC の実践とその結果
堀   純 神奈川 21世紀の理容 創造型産業をめざして
奨励賞 小谷 信子 滋 賀 出逢いと感動の中で、心打つサービス提供を
中嶋あゆみ 奈 良 これからの理容業界への課題
8年度
(12篇)
最優秀賞 名取 英世 大 阪 従業員のための職場づくりやりがいづくり
優秀賞 大野 宰代 愛 知 女性理容師としての役割
9年度
(21篇)



最優秀賞 鈴木  忠 千 葉 21世紀をめざしバブル後の理容店経営を考える
優秀賞 前田 俊美 大 阪 競争から共存(すみわけ)へ
安部 寿子 京 都 21世紀型理容業における女性理容師の意識改革
奨励賞 高橋 正興 北海道 増収に向けての一考察・デザイン料の設定について
小川  仁 東 京 サービスの商品化に向けて
大久保正司 宮 城 東北における理容
10年度
(24篇)






最優秀賞 伊藤 栄子 東 京 21世紀を担う女性たち「保育問題への取組から学んだもの」
優秀賞 寺川 克子 千 葉 アイドマ実践による経営
木下  充 福 井 理容業界の市場拡大に向けて
岡部 暁則 青 森 奉仕活動を通して得た交流による高齢者(身障者)に対する取り組み
奨励賞 小谷 信子 滋 賀 快適優美産業としての私のお店作り
伊藤 祐二 千 葉 理容福祉ビジネス
前坂 政明 長 野 21世紀の理容業「個店でやること、みんなでやること」
11年度
(23篇)
最優秀賞 高橋 正興 北海道 行政改革と理容業〜業界の明日を考える〜
優秀賞 川村  進 千 葉 地域社会における理容業の有り方 そして…こども110番の家
福井 識章 兵 庫 経営改革
奨励賞 高橋  誠 福 島 父と同じ道を
祐福  健 鹿児島 理容業における商品券の可能性について
吉村 精一 神奈川 理容店におけるホームページの活用と可能性
松尾 勝司 京 都 産業構造の変化による理容店経営における意識改革
12年度
(27篇)
最優秀賞 吉田 裕幸 石 川 「理容業と環境問題」人と地球にやさしい理容を目指して
優秀賞 木村 宣行 長 野 理容業21世紀ビジョンへの道
安部川 功 神奈川 環境にやさしい理容業をめざして
奨励賞 伊藤 祐二 千 葉 二十一世紀に向けた組合活動
田崎 英司 新 潟 「地球に於ける理容店の役割」二つの問題の提言
飯野真由美 大 阪 福祉対応型サロン
福井 識章 兵 庫 あすへの脱皮
安部多美恵 神奈川 楽しい職場
13年度
(14篇)
最優秀賞 西出 宇章 奈 良 繁栄への一考察 エンターテイメントの提供
優秀賞 大畑 佳己 広 島 二十一世紀を迎え理容業界の現状と発展を思う
奨励賞 門奈 明美 静 岡 娘として理容師として私にできること
窪田 勝治 静 岡 道具へのおもいやり
14年度
(12篇)
最優秀賞 田村 武治 宮 城 業暦70年 職人理容師の提言 技術と料金についての一考察
優秀賞 伊藤 祐二 千 葉 組合活動からの提言
奨励賞 小河原和夫 茨 城 高齢化社会に於ける理容経営の着眼点を探る
15年度
(21篇)
最優秀賞 林  敏也 静 岡 原点回帰 〜クリラックスサロンの提案
優秀賞 福井 識章 兵 庫 脱個人経営〜法人化による危機回避と業界振興〜
伊藤 祐二 千 葉 理美容統合への一考察
奨励賞 小谷 信子 滋 賀 3年間を一ツの節目として〜これからの私〜
佐久間 博 福 井 私の家業の進化は
東條 泰友 千 葉 理容師道
16年度
(15篇)
最優秀賞 西本 正男 奈 良 「高齢社会における市場拡大への可能性」
- 理容業の介護保険サービス認定を目指して -
優秀賞 名取 英世 大 阪 クレームから信頼を築く。
「ちょっとぜいたく、ちょっとこだわり」のソフト型経営
池田 正男 滋 賀 オリジナルメニューの開発と活かし方の提言
奨励賞 溝脇 哲子 福 岡 私の提言
17年度
(14篇)
最優秀賞 笠井 智子 愛知県 今、生き残りをかけて
〜理容店における「レディス・エステシェービング」再開拓案
優秀賞 小河原和夫 茨城県 サービス業としての理容サロン
金田 弥生 埼玉県 未来を変える女性の感性 〜「女性理容師の日」について
奨励賞 田中 貴博 北海道 高齢者のための出張カットによる洗髪の向上
佐久間 博 福井県 理容業の特化価値
18年度
(13篇)
最優秀賞 中山 俊行 長崎県 「衛生・接客力・技術力の総合的な前進こそが成功への鍵」
優秀賞 駒野 良雄 東京都 荏原支部の消費者対策
河野 智子 大阪府 「理容業界発展の為の七つの提言」
理容師は「カッコイイ」と呼ばれる為に
19年度
(14篇)
最優秀賞 高瀬 博浩 京都府 理容新世紀「今、決断の時」
優秀賞 高橋 正興 北海道 組合員の繁栄に向けて〜カギは広報活動にあり〜
原 晋一 静岡県 サービス業としての理容業
20年度
(11篇)
最優秀賞 鳥谷 一弘 鳥取県 理容業が取りくむべき「感性価値創造」
優秀賞 高宮 隆浩 山形県 イベントは人を成長させる「仲間との10年」
都築 りえ子 愛媛県 団塊の世代の店主さんへ
奨励賞 田中 トシオ 東京都 夢と希望につなぐ全国理容競技大会
21年度
(17篇)
最優秀賞 糸田 泰典 和歌山県 高齢化社会に向けた理容業における営業活動について
優秀賞 高橋 正興 北海道 理容店生き残りを目指して〜大型激安店を反面教師に〜
高宮 聡子 山形県 今、女性理容師としてできること小さな店の大きなきっかけ「女性のお顔そり」
田中 トシオ 東京都 後継者不足を夢につなぐ
奨励賞 奥田 詔紀 東京都 「出張理容」の未来−我らのチャレンジ
22年度
(12篇)
最優秀賞 梶川 満 鳥取県 「サインポールの灯を消さない」〜理容のイメージを考える〜
優秀賞 佐々木 隆一 青森県 組合のスケールメリットの活かし方
太田 奈津栄 千葉県 女性の感性と男性の理解が業界を変える「女性理容師の意識調査アンケート」から考える
糸田 泰典 和歌山県 この不況に対応した新たな営業展開<<二つの年齢層と時代の変化に対応した新規顧客開拓への展開>>
23年度
(20篇)
最優秀賞 糸田 泰典 和歌山県 組合の必要性及び有効利用と価値観《時代の変化に対応した組織作り》
優秀賞 大沼 幸市 山形県 地方から改革する理容業界〜地域密着型ご当地メニューの企画構想論〜
グループ名:ヘアースタジオC4(代表者:池田 正男) 滋賀県 「生き残る為のサロン経営」〜経営理念に込めた思い〜
奨励賞 高橋 正興 北海道 減少続く組合員対策〜その増員策と歯止め策〜
佐々木 隆一 青森県 我々後継者世代が本当にしなければいけないこと
上林 徳子 山形県 「伝え・広め・そして繋げる」理容師の技エステシェービングの魅力
伊藤 規雄 山形県 「夢を伸ばし、髪は短く」〜「夢をありがとう」で輝くこどもたち〜
深沢 権 岩手県 理容業の安定と繁栄を目指して
宇都宮 まどか 福岡県 組合員として組合員のために出来る事
24年度
(21篇)
最優秀賞 清水 知江 京都府 これからの「訪問福祉理容」
優秀賞 福司 浩樹 北海道 楽しい理容業「FUN BARBER'S PROFESSION」
狐塚 均 埼玉県 ホームページとメールの連携活用による連合会活性化への提案 −より楽しめてためになる理容組合を目指して−
奨励賞 嶋田 和佳 静岡県 今、やるべきこと
久松 靖弘 滋賀県 夢と希望のある、明るい未来へ
米山 集人 滋賀県 明日の理容業をめざして
25年度
(26篇)
最優秀賞 東岡 一博 大阪府 誇れる理容を業として
優秀賞 佐々木 大地 北海道 組合組織強化のために
グループ名:近畿協議会青年部(代表者:米山 集人) 滋賀県 災害時における青年部の行動の検証とこれから
池田 正男 滋賀県 知識を伝える技術力 〜ツナガるチカラ〜
宇都宮 まどか 福岡県 「地域医療ネットワークの確立」がもたらす期待と今後の課題
奨励賞 星 聡 宮城県 「300人の来店履歴を3分でチェックできますか?」
より深い接客と提案のためのコストをかけない「見える化」の方法と考察
口井 伸孝 和歌山県 青年部を通してこれからの理容を考える
益田 幸生 広島県 輝いて生きる.つながって生きる〜1人はみんなの為に〜
26年度
(17篇)
最優秀賞 梶川 満 鳥取県 ファッション誌に見る理容業再生のヒント
優秀賞 糸田 泰典 和歌山県 高齢社会に対応した訪問福祉理容の確立について
≪時代の変化に対応した政治との関わり≫
奨励賞 越智 緑里 北海道 支部から始める組合づくり
野上 学 兵庫県 理容−男を磨く仕事
27年度
(18篇)
最優秀賞 山中 知規 福岡県 理容業だから出来ること、理容業しか出来ないこと
―戦わない商い―
優秀賞 狐塚 均 埼玉県 訪問福祉理容を通して出来る明るい地域づくり
細川 尊弘 福岡県 高齢化問題を抱える理容業の未来像
〜全国理美容NPO法人の可能性と今後の展開〜
奨励賞 出口 真義 滋賀県 若者と高齢者を結ぶ第三の選択肢が業界を救う鍵
米山 集人 滋賀県 今、理容業界に必要なこと
28年度
(19篇)
最優秀賞 宇野 晴道 滋賀県 理容業界における「女性活躍社会」を考える
優秀賞 田中 トシオ 東京都 組合組織による店舗紹介制度について
宇都宮 まどか 福岡県 技術を売る時代から価値を売る時代へ
奨励賞 伊藤 祐二 千葉県 続・理容美容統合への一考察
細川 尊弘 福岡県 規制改革への対応 〜理容業界が生き残る道〜