●「理容師メッセージ」全国大会歴代の上位入賞者●


優   勝 第 2 位 第 3 位
第1回(滋 賀)
昭和51年
永 井 恭 三(兵 庫)
「組織に望む」
山 口 徳 和(愛 知)
「私の歩いてきた道」
石 川   仁(愛 媛)
「組織に望む」
第2回(新 潟)
昭和52年
魚住 みゆき(山 形)
「理容師になってよかったと思うこと」
高 桑 定 夫(大 阪)
「全理連5ヶ年計画について思う」
兼平 幸四郎(東 京)
「私の理容店づくり」
第3回(秋田)
昭和53年
角 田 勝 子(兵 庫)
「私のめざす理容師像」
松 島 健 二(石 川)
「私の理容技術のセールスの仕方」
矢 田 秀 一(長 野)
「私の顧客管理テクニック」
第4回(宮 崎)
昭和54年
足 立 勝 子(兵 庫)
「私のめざす理容師像」
宮 下 紀 子(山 形)
「私のめざす理容師像」
本 部 敏 郎(宮 崎)
「地域社会と理容店のあり方」
第5回(島 根)
昭和55年
川 田 豊 士(宮 城)
「ゆとりを求めて」
小 高 禮 夫(神奈川)
「理容で知った私の生きがい」
坂本 美智子(島 根)
「我が道を振り返って」
第6回(富 山)
昭和56年
竹 村 忠 彦(大 阪)
「組織と私」
小 池 清 勝(長 崎)
「理容師の使命」
中 川 元 枝(富 山)
「理容師としての私の生き方」
第7回(神奈川)
昭和57年
吉 田 直 樹(神奈川)
「環境による人作り」
鈴 木 敏 子(宮 城)
「逆境を超えて」
伊 藤 和 夫(大 阪)
「理容師の質的向上を思う」
第8回(北海道)
昭和58年
伊 藤 和 夫(大 阪)
「組織存立の意義」
佐々木 光美(山 形)
「私の挑戦」
引 田 憲 章(千 葉)
「魅力のある理容業作り」
第9回(香 川)
昭和59年
引 田 憲 章(千 葉)
「理容業における青年の役割」
小 熊 ミ イ(福 島)
「組織存立の意義」
岩 瀬 利 夫(富 山)
「今を生きる」
10 第10回(青 森)
昭和60年
大 森 孝 子(愛 媛)
「組織存立の意義」
鍬田 美枝子(岡 山)
「今を生きる」
小 川 律 男(長 崎)
「私の衛生管理法」

優   勝 第 2 位 第 3 位
11 第11回(鹿児島)
昭和61年
三 村 友 江(岡 山)
「今を生きる」
佐久間 裕一(東 京)
「Sマークと理容店」
佐々木 友彦(京 都)
「理容業への提言」
12 第12回(大 阪)
昭和62年
大 野 允 子(東 京)
「私の挑戦」
秋 元 優 子(青 森)
「Sマークと理容店」
上田 日出男(大 阪)
「組織存立の意義」
13 第13回(鳥 取)
昭和63年
上田 日出男(大 阪)
「理容業への提言」
石 黒 三 恵(神奈川)
「私の挑戦」
新田 世志子(山 口)
「魅力ある理容業作り」
14 第14回(石 川)
平成元年
谷田 外茂次(石 川)
「組織存立の意義」
田 尻   潔(東 京)
「理容業への提言」
松 永 一 広(佐 賀)
「今を生きる」
15 第15回(栃 木)
平成2年
丸 山 一 生(三 重)
「今を生きる」
安 武   太(福 岡)
「私の挑戦」
伊 藤 祐 二(千 葉)
「理容業への提言」
16 ’91(福 島)
平成3年
臼 井 和 弘(東 京)
「私の挑戦」
高橋 美代子(山 形)
「理容業と社会性」
荘 司   忠(岐 阜)
「魅力ある理容業作り」
17 ’93(高 知)
平成5年
十 松   令(富 山)
「いらっしゃいませ」
石 黒 光 男(大 阪)
「魅力ある理容業づくり」
佐 藤 順 子(山 形)
「理容師として出来るボランティア活動」
18 ’94(岐 阜)
平成6年
山 田 高 子(東 京)
「理容に生きる」
中村 八恵美(香 川)
「価値を見つけて生きる」
前 中 謙 志(大 阪)
「今を生きる」
19 ’95(佐 賀)
平成7年
矢 田 正 明(愛 知)
「21世紀に向かって」
谷   昭 江(岡 山)
「私の挑戦」
市兼 スエ子(愛 媛)
「今を生きる」
20 ’96(奈 良)
平成8年
西 出 愛 子(奈 良)
「今を生きる」
北村 美智代(石 川)
「理容と私・・・幸せを求めて」
竹 内 峰 子(鳥 取)
「私の挑戦」

優   勝 第 2 位 第 3 位
21 ’97(広 島)
平成9年
樋 口 順 一(長 野)
「消費者から信頼される業界を目指して」
西 島 唯 義(静 岡)
「後継者づくり」
吉 本   進(北海道)
「私の後継者づくり」
22 ’98(北海道)
平成10年
大 沼 幸 市(山 形)
「21世紀へ向けて」
横 井 好 則(北海道)
「出会い」
岡本 真有実(東 京)
「夢を創る21世紀」
23 ’99(宮 城)
平成11年
森井 季明香(愛 知)
「大切な人に教えられて」
河 合 俊 介(東 京)
「魅力ある理容業をめざして」
松 山 和 央(奈 良)
「理容ボランティアと福祉理容」
24 2000年(群 馬)
平成12年
菅家 絵利子(神奈川)
「大切な忘れ物に気がついて」
三 輪 孝 子(愛 知)
「人生の歩み」
坂本 まゆみ(大 阪)
「理容業における業務独占の必要性」
25 2001年(愛 媛)
平成13年
家  理 恵(愛 媛)
「私は22歳」
小 山 由 美(山 形)
「私のモチベーション」
大森 潤一郎(東 京)
「私の好きな理容業」
26 2002年(福 井)
平成14年
堀  美 穂 子(宮 城)
「十九歳の決意<共創>する理容師を目指して」
坂上 美加子(神奈川)
「お客様の元気は私の元気」
秋 山   寿(山 口)
「総研RIYO21への期待」
27 2003年(福 岡)
平成15年
萩 原 奈 々(東 京)
「母に学ぶ」
山 田 雅 子(大 阪)
「進化型サロンを目指して」
小 野 真 輔(青 森)
「ゴールデンバッテリー」
28 2004年(愛 知)
平成16年
長 谷 敏 江(愛 知)
「私色の手」
阿 部 英 夫(神奈川)
「小さな活動が大きく輝くとき」
阿 部 美奈子(山 形)
「憧れのヘア・アーティスト ―今、第一歩を踏み出して―」
29 2005年(岡 山)
平成17年
河 野 智 子(大 阪)
「カッコイイと呼ばれたい」
難 波 則 子(岡 山)
「女性理容師として」
大 塚 美 穂(埼 玉)
「夢」
30 2006年(北海道)
平成18年
山 口 直 美(福 岡)
「すべてはお客様から」
吉田 明希子(大 阪)
「輝くお客様のために」
柳 本 哲 也(北海道)
「失われた理容の時代」

優   勝 第 2 位 第 3 位
31 2007年(岩手)
平成19年
鳥 谷 一 弘(鳥 取)
「お客様の悦ぶことならなんだってやろう」
柿 澤 妙 子(千 葉)
「競技大会種目にシニアの部門を」
前 田 則 之(石 川)
「私たちの未来のためにすべきこと」
32 2008年(茨城)
平成20年
田 中 一 隆(京 都)
「私の考える後継者問題」
若 林 一 樹(埼 玉)
「十九歳の挑戦」
前 田 則 之(石 川)
「未来を創る、宝物」
33 2009年(京都)
平成21年
藤 川 雅 規 (奈 良)
「輝ける未来へ 〜理容師として生きる〜 」
岡   真 二(鳥 取)
「人は人で変わる」
鈴 木 明 夫(福 島)
「理容師になって社会に貢献したい」
34 2010年(香川)
平成22年
後 藤 美 子 (香 川)
「私の選んだ理容の道 」
米 山 集 人(滋 賀)
「共存共栄で理容の未来を開こう」
中 居 正 人(鳥 取)
「みんなプロデューサー」
35 2012年(富山)
平成24年
橋 爪 恵 美 (富 山)
「夢への架け橋 」
荒 木 慎 吾(島 根)
「笑顔から始まる」
 木 吉 之(長 野)
「私を変えた師匠の言葉」
36 2013年(山口)
平成25年
倉 重 憲 子 (山 口)
「今、目的をもっていると次の目標に向かってがんばれる」
秋 田 紀 恵(北海道)
「将来の夢」
川 名 正 一(千 葉)
「私たちが担う公衆衛生 〜アタマジラミから子供たちを救え〜」
37 2014年(山形)
平成26年
上 林 徳 子 (山 形)
「女性の力を活かして“ブライダル産業・参入への挑戦”」
緒 方 一 夫 (熊 本)
「理容業界のお宝」
本 多 由 起 (群 馬)
「輝き続ける女性理容師」
38 2015年(埼玉)
平成27年
半 谷 竜 磨 (福 島)
「夢に向かって」
岩 井 聖 二 (広 島)
「新たなる挑戦」
北 野 夢 叶 (北海道)
「笑顔の魔法」
39 2016年(高知)
平成28年
今 西 正 樹 (奈 良)
「若者の未来を創る就活ヘア」
 木 吉 之 (長 野)
「パッチテストでお客様を守ろう!」
佐 藤 優 菜 (北海道)
「私の挑戦」