Vol.71 ストローアートで岡山県おこし 平田慎一さん(岡山県岡山市)

 「岡山県=ストローの県というイメージを持ってもらえるようになりたいです」と語るのは、岡山県岡山市の理容師・平田慎一さん。 ストロー生産量日本一の岡山県から、ストローを使った芸術「ストローアート」で地域おこしを行っている。

  平田さんは、ストローでエビやロボットなどを創作する日本でも有数のストローアーティストで、4年前にテレビで見たのをきっかけに創作を開始。 初めはストローを細かく切ることや、鋏の使い方に戸惑うこともあったそうだが理容での繊細な作業で培った手先の器用さで、細かい作業も苦にならなかったという。

   創作活動のほか、県内のイベント等でストローアート教室も開いており、親子で楽しそうに制作しているところや、子どもが夢中になって 自分の作品を見ている姿を見るとやりがいを感じ、多くの人にストローアートを楽しんでもらいたいと思うそうだ。

  さらに、岡山県にあるストロー会社を訪れた際に、岡山県が日本のストローの発祥の地だと知り、ストローアートを 広めたいという気持ちが強くなった。現在は、会社の公認ストローアーティストとなり、会社のホームページにも作品が掲載されている。

人気の作品を持つ平田さん
  今後は、他のストローアーティストと協力してストローアートの展示会を開催してみたいという平田さん。年度内にはストローアートの 作り方を載せた本を出版する予定で、全国にストローアートを広め、「岡山県=ストローの県」のイメージを定着させる活動に意欲をみせている。
 制作に半年かけた自信作。ヤフーのトピックスに取り上げられるほど話題となった

(理楽TIMES H28.9.1付けNo.492掲載)

Translate »
ツールバーへスキップ