Vol.53 つながりを大切にする理容師DJ 中川修蔵(京都府)

理容師DJの中川修蔵さん。サロンではもちろん「タートルのタウンラジオ」が流れる

 昨年4月からFM845(㈱京都リビングエフエム、放送区域:京都市および京都・大阪・滋賀の周辺都市)で「タートルのタウンラジオ」(毎週木曜日13時~。1時間番組)のメインパーソナリティーを受け持っているのは、京都府城陽市の中川修蔵さん。かつては同局の別番組に2ヵ月に1度ゲスト出演していたが、トークの巧みさとキャラクターがFM845のディレクターの目にとまり、「自分の番組を持たないか」と持ちかけられた。

  タートルとはDJ名であり、中川さんのサロン名でもある。亀のように最後まで地道にコツコツとやっていくことで「着実に成果を上げていく」という思いが込められているそうで、メインパーソナリティーを任されるに至った経緯が、その思いを体現している。

  番組には中川さんのほか、城陽市の商工会仲間の男性2人に女性アシスタントを加えた4名がレギュラー出演。人気コーナー「タートルお散歩城陽コーナー」では、中川さんがレポーターとして、城陽市のさまざまな店を訪ね歩き、町に元気と活力を与える。

  「おしゃれ情報」など、理容師ならではの視点からも情報発信するほか、番組の企画立案にも取り組み、昨年、全国理容競技大会が京都府で開催された際には、京都府組合の教育部長を招いて全国大会のPRを行うなど、自らが育った京都、そして城陽市を愛し、その魅力を広く伝えている。

  「毎週素敵なゲストを迎えて盛り上げていきたいと思っています。全国理容連合会とコラボレーションしている『パオ』にも出演していただけるとうれしいです。もちろん、理容業界のイメージソング『ちょっきん-NA!』も流していきたいです。ヘビーローテーションかな(笑)。今後は、ホームページ、ブログ、最近話題のツイッターなどとも連動して情報発信していきたいですね」と、ゆかいで楽しく元気な街の輪をテーマにリスナーとの情報共有を図る中川さん。

  木曜日は13時からの放送に合わせ午前中からスタジオ入りし、その他の日でも取材や立案などに追われる日々の中、最近自らのバンド「タートルサンガーズ」の初めてのCD「JOYO JOYO!」を発表するなど、マルチな活躍を見せており、多忙を極めながらも、良い意味での遊び心とフットワークの良さが人を引き付け、周りの人たちの笑顔と行動を生み出している。

 

(理楽TIMES H22.7.1付けNo.418掲載)

Translate »
ツールバーへスキップ