Vol.42 職人の技術で作られる理容鋏と理容の歴史展 (東京都千代田区・日新製鋼ギャラリー)

 

 理容師の仕事になくてはならない理容鋏。その構造は二枚の金属の刃材を、支点を中心に重ね合わせたもので、その形状は二千年以上の歴史がある。
 では、髪を美しく整える理容師の鋏はどのように作られるのか―その工程と理容の歴史を紹介する企画展「整える金属 理美容鋏」が現在、東京・有楽町の日新製鋼ギャラリーで開催されている。
 同ギャラリーは、日新製鋼株式会社が金属への理解や親しみを持ってもらおうと開設しているもので、「鉄(金属)と人をつなぐ」をキーワードに、金属に関する歴史やアート作品・伝統工芸など様々な展示を行っている。
 今回の展示では、理容鋏の製造や仕上げ工程などの紹介のほか、理容の道具や歴史をわかりやすくまとめたパネル、また全国理容連合会・理容ミュージアムから貸出協力したバリカンや理容椅子などを展示しており、一般の方にも理容に興味や関心を持ってもらえる展示内容となっている。
 「ステンレスの板が熟練の職人さんの手で、加工され磨かれて髪を美しく整える理美容鋏になります。金属の面白さや魅力を感じていただける展示になっていますので、ぜひ多くの方にご覧になっていただきたいです」と同社広報の横堀さん。社内や鉄鋼業界紙にも展示の開催を周知し観覧を呼びかけているという。
 「整える金属 理美容鋏」展の開催期間は3月31日まで(予定)となっている。

ギャラリーにはサインポールも展示され理容室の雰囲気も

 

日新製鋼ギャラリー
所在地:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階
アクセス: JR有楽町駅「国際フォーラム口」より徒歩3分、東京メトロ有楽町駅
     「D3」出口より徒歩1分
開館時間:9:00 ~ 18:00(月曜~金曜)※土曜・日曜・祝祭日は休館
入場料金:無料
電話番号:03-3216-5566
ホームページ:http://www.nisshin-steel.co.jp

(理楽TIMES H29.3.1 付No.498掲載)

Translate »
ツールバーへスキップ