Vol.1 松田 通さん(山形)~商工会青年部主張全国大会に出場

 

全国商工会青年部連合会主張発表大会で優秀賞に輝いた松田通さん

 2月7日に広島で開催された全国商工会青年部連合会の全国大会で行われた主張発表大会に、山形県組合員で全理連中央講師の松田通さん(39歳)が出場し、優秀賞に輝いた。理容師の同大会への出場は「恐らく初めて」(松田さん)。  

  全国商工会連合会は日本全国の商工業者約110万人を会員とする。青年部は、商工会会員やその親族で40歳以下の男性によって構成され、77000人余りの部員から成る大きな組織である。  

  山形県大会、東北・北海道ブロック大会で見事優勝を飾り、全国大会出場を果たした松田さんが、「青年部活動」「地域振興・まちづくり」という共通テーマにそって発表したのは、地元・大江町で80年の歴史を誇る「御神火リレー」のこと。このイベントが中止の危機に直面したのを、松田さんを中心に青年部の力で存続させることができた。発表では、その時に得た喜びや感動、さらに地域社会に与える効果を熱く訴えた。  

  大会ではどの参加者も、各発表を真剣に聞き入っていたという。そこには苦労を重ねながらも各地域で振興活動に取り組む全国の青年部員たちの姿があった。どの業種も地域が元気でない限り、また地域から愛されない限り自分たちの商売は成り立っていかないが、地域活動によって地域に活気が生まれ、自分たちが心に残る存在になれば、商売繁盛にもつながる。松田さんの発表のサブタイトル「あなたの葬式には参列者がいっぱい」は、松田さんのそうした考え方を象徴的に表現したものだ。  

  理容業は地域に根ざす商売と言われる。松田さんが一理容師として取り組む地域振興の精神は、どの理容師にも通じるものだろう。「各地域で、理容業は素晴らしいと言われる存在になってほしい」とは、まもなく青年部を卒業する松田さんの願いだ。

(平成14年4月1日付け№319掲載)

Translate »
ツールバーへスキップ