「全国理容競技大会」歴代の上位入賞者

  優  勝 第 2 位 第 3 位

第 1 回
(東 京)
昭和23年 

  吉田  實 (東京) 大坪 景則 (福岡) 井上 藤松 (大阪)

第 2 回
(大 阪)
昭和24年

基 本 型 黒田 祐弘 (香川) 正門 正吉 (京都) 井上 藤松 (大阪)
特 殊 型 土屋 九一 (大阪) 大場  武 (静岡) 川崎 松男 (長崎)
ウェーブ 楠藤 島雄 (徳島)    

第 3 回
(愛 知)
昭和25年

第 1 部 小田桐政太郎(広島) 津曲 時義 (兵庫) 片岡  晃 (愛媛)
第 2 部 梶原 初久 (高知) 伊達 慶治 (兵庫) 十川多津雄 (大阪)
第 3 部 鯨井 江つ (愛知) 荒木 徳治 (滋賀) 紅露  茂 (徳島)

第 4 回
(大 分)
昭和26年

第 1 部 田中 義男 (福岡) 清水  武 (福岡) 村上 祐司 (福岡)
第 2 部 橋本 昭二 (大阪) 山口 勇一 (大阪) 安東 修一 (大分)
ウェーブ 芝崎 隆雄 (大分) 宮信  勝 (広島) 新藤  正 (福岡)

第 5 回
(北海道)
昭和27年

第 1 部 早崎 徳造 (京都) 新  早苗 (京都) 佐藤 新治 (北海道)
第 2 部 小倉 良雄 (京都) 新名 寛一 (愛媛) 福留 次郎 (高知)
ウェーブ 井伊 武彦(北海道)    

第 6 回
(広 島)
昭和28年

第 1 部 魚谷福太郎 (兵庫) 弥永 守彦 (福岡) 村上 亀一 (愛媛)
第 2 部 橘高  実 (広島) 山口 健吾(神奈川) 宮一  談 (東京)
ウェーブ 中村 亀一 (広島)    

第 7 回
(静 岡)
昭和29年

第 1 部 長谷川正雄 (愛知) 江野沢正一 (東京) 望月 正一 (静岡)
第 2 部 上村 伸枝 (広島) 村上 定男 (京都) 松本 貞治 (東京)
第 3 部 山梨 隆二 (静岡) 三丸  了 (福岡) 三川 直吉 (東京)

第 8 回
(宮 城)
昭和30年

第 1 部 上原 準弐 (東京) 森川 貞哉 (愛知) 深沢  権 (岩手)
第 2 部 山口 健吾(神奈川) 有吉 礼子 (福岡) 稲毛 泰明 (香川)
第 3 部 河原崎 勉 (静岡) 仁井 一麿 (広島) 磯田佐和子 (宮城)

第 9 回
(京 都)
昭和31年

第 1 部 新井 正次 (東京) 井伊 桂造 (静岡) 山口 計利 (長野)
第 2 部 五十嵐保男 (京都) 佐々木正男 (大阪) 島田 賢道 (東京)
第 3 部 宮森 藤男 (東京) 田中  一 (京都) 上村 和男 (広島)

第10回
(徳 島)
昭和32年

第 1 部 小関 卓雄 (東京) 西原 二郎 (東京) 園田  刀 (熊本)
第 2 部 佐々木正男 (大阪) 桜井 義和 (大阪) 嘉取 幸子 (長野)
第 3 部 安岡 やす(北海道) 徳田 昭子 (愛媛) 桑本 暒三 (広島)

第11回
(石 川)
昭和33年

第 1 部 清水 定一 (東京) 宮尾 正雄 (東京) 小杉新太郎 (静岡)
第 2 部 石橋 通英 (佐賀) 大谷梶太郎 (大阪) 田中満寿男 (山口)
第 3 部 池森伊佐男 (石川) 佐藤  隆 (東京) 国府 邦男 (石川)

第12回
(熊 本)
昭和34年

第 1 部 堀川  武(北海道) 大岸 巌男 (石川) 東間 圭一 (三重)
第 2 部 棚沢 将男 (群馬) 大上 秀雄 (京都) 島田 賢道 (東京)
第 3 部 中島 茂男 (富山) 楠藤  稔 (徳島) 吉岡 昌時 (大阪)

第13回
(岡 山)
昭和35年

第 1 部 太口  登 (大阪) 小松 康男 (東京) 長谷川幸男 (京都)
第 2 部 久米橋晴道 (大阪) 松本  伸 (東京) 守永 京訓 (福岡)
第 3 部 上村 和男 (広島) 古賀 小波 (福岡) 江口 英史 (京都)

第14回
(北海道)
昭和36年

第 1 部 小松 康男 (東京) 表  隆一 (石川) 藤本 義勝 (愛媛)
第 2 部 高橋 忠幸 (大阪) 松本  伸 (東京) 斉藤 久雄(神奈川)
第 3 部 稲津 伸彦 (京都) 吉岡 昌幸 (大阪) 山根 芳雄 (兵庫)

第15回
(東 京)
昭和37年

第 1 部 福田 宣久 (福岡) 関口  洋 (栃木) 一ノ瀬 登 (長崎)
第 2 部 松本  伸 (東京) 西口 康雄 (東京) 佐藤 保雄 (大阪)
第 3 部 陣野 重昭 (兵庫) 守永 京訓 (福岡) 松隅 光幸 (福岡)

第16回
(岩 手)
昭和38年

第 1 部 高田 嘉夫 (東京) 小林 寿夫 (長野) 石川 丈夫 (東京)
第 2 部 冨山 憲一 (大阪) 柴田 富寛 (東京) 佐々木英文 (大阪)
第 3 部 長田 恵子 (大阪) 肱黒 耕吉 (兵庫) 高石  保 (愛媛)

第17回
(三 重)
昭和39年

第 1 部 石黒  繁 (新潟) 竹村 清一 (京都) 田村  孝 (茨城)
第 2 部 古林 勇一 (岡山) 緑川 隆雄 (東京) 内藤 慎二 (京都)
第 3 部 児玉  啓 (東京)  野口  隆 (滋賀) 鈴木 一生 (三重)

第18回
(福 岡)
昭和40年

第 1 部 沼倉 和夫 (東京) 松隅 光幸 (福岡) 原井 幹夫(北海道)
第 2 部 飯島 武雄 (埼玉) 前田 昌宣 (大阪) 藤巻  彰 (愛知)
第 3 部 一山  正 (福岡) 高橋 英夫 (京都) 三池 金作 (福岡)

第19回
(長 野)
昭和41年

基本部門 上総 性男 (高知) 中内 英雄 (兵庫) 中川 好一 (大阪)
創作部門 柳  忠雄 (東京) 森下 征男 (愛知) 川添 勝憲 (東京)
応用部門 清藤 英友 (大阪) 尾崎 正幸 (兵庫) 三品 貞美(北海道)

第20回
(山 口)
昭和42年

基本部門 八幡 靖男 (岡山) 玉守 督叔 (大阪) 片岡 義博 (愛知)
創作部門 赤堀 公治 (愛知) 竹歳  守 (大阪) 加賀野利雄 (東京)
応用部門 貝嶋 正章 (東京) 中井 理一 (兵庫) 栗林 孝好 (東京)

第21回
(和歌山)
昭和43年

基本部門 向原 一義(神奈川) 工藤 新一(北海道) 前島  宏 (大阪)
創作部門 藤原 安生 (愛媛) 大島  通 (徳島) 栗林 孝好 (東京)
応用部門 渡部 和衛 (東京) 川口 直人 (東京) 藤巻  彰 (愛知)

第22回
(長 崎)
昭和44年

第 1 部 河合啓之助 (東京) 平形  充 (東京) 熊谷  哲 (東京)
第 2 部 松中 則和 (大阪) 宇上紀代美 (岡山) 山下 光広 (福岡)
第 3 部 勢力 弘道 (大阪) 太田 睦郎 (東京) 岡本 春雄 (岐阜)

第23回
(兵 庫)
昭和45年

第 1 部 大村  進 (東京) 藤谷 幸男 (大阪) 西條 郁男 (宮城)
第 2 部 内村 光一 (東京) 山西 政文(神奈川) 新井 利斉 (東京)
第 3 部 竹歳  守 (大阪) 横田 治雄 (東京) 松岡 信治 (愛媛)

第24回
(山 形)
昭和46年

第 1 部 熊谷  哲 (東京) 太田 睦郎 (東京) 森下 正男 (大阪)
第 2 部 塩沢 弘行 (東京) 湯川 博行 (長崎) 佐々木泰男 (東京)
第 3 部 泥谷 良一 (大阪) 森田 征男 (愛知) 大野  明 (東京)

第25回
(北海道)
昭和47年

第 1 部 三好 悦治 (大阪) 鈴木 保行(神奈川) 西條 郁男 (宮城)
第 2 部 田中 幸雄 (新潟) 白山 和彦 (愛知) 伊藤  栄 (東京)
第 3 部 森田健一郎(福井) 武藤  功 (千葉) 丸中将三郎 (兵庫)

第26回
(東 京)
昭和49年

第 1 部 藤谷 幸男 (大阪) 鈴木 保行(神奈川) 武藤 善行(神奈川)
第 2 部 川合 清美 (大阪) 木下  誠 (福井) 森岡 吉竹 (大阪)
第 3 部 奥山 義博(神奈川) 藤本  隆 (京都) 吉田  守 (東京)

第27回
(愛 媛)
昭和50年

第 1 部 西村 博幸 (大阪) 加藤 和生 (大阪) 長谷川重夫 (大阪)
第 2 部 松本 悦子 (大阪) 小谷 照夫 (滋賀) 山田  勉(北海道)
第 3 部 斉藤 明男(神奈川) 伊藤  栄 (東京) 中村  進 (滋賀)

第28回
(滋 賀)
昭和51年

第 1 部 大井 秀夫(北海道) 中谷 人志 (東京) 酒井 義明 (大阪)
第 2 部 本田 誠一(神奈川) 丸山 則夫 (東京) 森本 栄子 (大阪)
第 3 部 伊藤  栄 (東京) 平林 勝利 (愛媛) 田中 年春 (滋賀)

第29回
(新 潟)
昭和52年

第 1 部 山本 賢司 (栃木) 高橋  寛(神奈川) 吉川 寿隆 (東京)
第 2 部 森本 栄子 (大阪) 馬場 佳子 (大阪) 安藤 優子 (秋田)
第 3 部 山岸 政博 (東京) 高梨 雅好(神奈川) 堀川 直美 (愛媛)

第30回
(秋 田)
昭和53年

第 1 部 清水 弘志 (東京) 長谷川重夫 (大阪) 吉川 寿隆 (東京)
第 2 部 ヒロマツダ (東京) 藤田 良博 (東京) 金川 和代 (大阪)
第 3 部 後藤 弘貴 (東京) 岡本 照雄 (奈良) 平林 勝利 (愛媛)

第31回
(宮 崎)
昭和54年

第 1 部 本間 義和(神奈川) 吉川 寿隆 (東京) 中谷 人志 (東京)
第 2 部 米田 歌子 (大阪) ジョージ丸山(東京) 森本 照義 (兵庫)
第 3 部 五十嵐 武(神奈川) 大坪 良一 (東京) 羽場新一郎 (京都)

第32回
(島 根)
昭和55年

第 1 部 中谷 人志 (東京) 福山登美夫 (熊本) 一戸 由雄 (千葉)
第 2 部 長沢 誠治 (大阪) 石橋かよ子 (千葉) 森本 照義 (兵庫)
第 3 部 田村 一芳 (千葉) 井上 敏夫(神奈川) 三森 隆志 (栃木)

第33回
(富 山)
昭和56年

第 1 部 安藤 隆久(北海道) 梅本 博司(和歌山) 立山 武虎 (大阪)
第 2 部 能登谷博樹 (東京) 石橋  忍 (東京) 石橋かよ子 (千葉)
第 3 部 田中 秀一 (東京) 秋山  実(神奈川) 岩城 則行 (富山)

第34回
(神奈川)
昭和57年

第 1 部 立山 武虎 (大阪) 信澤 一次 (東京) 西野 力雄 (茨城)
第 2 部 森本 照義 (兵庫) 斎藤 光幸(神奈川) 加納 耕助 (東京)
第 3 部 高部 敏彦 (大阪) 羽鳥 健司(神奈川) 木本 正博 (愛知)

第35回
(北海道)
昭和58年

第 1 部 田中トシオ (東京) 榎本好太郎 (東京) 清水  潔 (広島)
第 2 部 古里  治(神奈川) 三浦 敏光 (大阪) 石橋  忍 (東京)
第 3 部 山岡富士夫 (島根) 木本 正博 (愛知) 青木 文夫 (千葉)

第36回
(香 川)
昭和59年

第 1 部 清水  潔 (広島) 白井  勝 (大阪) 中山 芳和 (千葉)
第 2 部 巌谷 春行(神奈川) 三原由紀子 (大阪) ジョージ丸山(東京)
第 3 部 小山 立晃 (東京) 羽鳥 健司(神奈川) 原田  薫 (秋田)

第37回
(青 森)
昭和60年

第 1 部 谷口 真尉 (東京) 坂口 貞世(神奈川) 大石生男也 (新潟)
第 2 部 武知 絹子 (東京) ジョージ丸山(東京) 鬼頭 義昭 (埼玉)
第 3 部 羽鳥 健司(神奈川) 日高 正夫 (広島) 肥留川伸夫 (東京)
技能五輪 皆川 清陸 (東京) 山本 正明 (青森) 北岡由加利(北海道)

第38回
(鹿児島)
昭和61年

第 1 部 鈴木 晴記 (東京) 田辺 明光 (島根) 青木 勝也 (栃木)
第 2 部 ジョージ丸山(東京) 佐藤しのぶ (秋田) 池田 道治 (大阪)
第 3 部 日高 正夫 (広島) 吉田 幸二 (東京) 小野里隆夫 (群馬)
技能五輪 平塚  修 (宮城) 白鳥 雅己 (東京) 河村 桂子 (埼玉)

第39回
(大 阪)
昭和62年

第 1 部 大場  工 (千葉) 榊原 俊廣(北海道) 青木 勝也 (栃木)
第 2 部 大川 義満 (東京) 池田 道治 (大阪) 岩楯 宏二 (東京)
第 3 部 吉田 幸二 (東京) 靱尾 正人 (大阪) 小倉  繁 (東京)
技能五輪 力久 昭浩 (東京) 谷水 滝雄 (三重) 萩原 博樹 (東京)

第40回
(鳥 取)
昭和63年

第 1 部 内海富士男 (大阪) 南  光男 (大阪) 榊原 俊廣(北海道)
第 2 部 池田 道治 (大阪) 岩楯 宏二 (東京) 増子ひとし (東京)
第 3 部 小倉  繁 (東京) 假屋 浩一 (東京) 白川 丈晴 (東京)
技能五輪 高田 雅浩 (東京) 堀川 直樹 (奈良) 寺田 勝次 (京都)

第41回
(石 川)
平成元年

第 1 部 駒崎  智 (東京) 横田 雄司(北海道) 田辺 明光 (島根)
第 2 部 町田 典一 (東京) 岩楯 宏二 (東京) 勝野 新吾 (東京)
第 3 部 千葉  司(神奈川) 太田 孝幸 (東京) 白川 丈晴 (東京)
エキジ
ビジョン
小山勝示(奈良) 寺原三男(東京) 和田信治(神奈川) 藤田俊雄(愛媛) 富樫憲雄(山形)

第42回
(栃 木)
平成2年

第 1 部 白川 丈晴 (東京) 靱尾 正人 (大阪) 若林 勝治 (東京)
第 2 部 漆原 哲男 (広島) 岩楯 宏二 (東京) 勝野 新吾 (東京)
第 3 部 古里マサヒコ
(神奈川)
福山 孝悦 (東京) 崎前 宏巳 (広島)
エキジ
ビジョン
森岡茂朗(和歌山) 寺原三男(東京) 進藤康夫(秋田) 吉村則男(愛媛) 磯谷登樹夫(北海道)

第43回
(福 島)
平成3年

第 1 部 斉木  幸 (東京) 田辺 明光 (島根) 鈴木 盛之 (東京)
第 2 部 松本 隆貴 (大阪) 永澤 清志 (山形) 増子ひとし (東京)
第 3 部 飯野 高嗣 (東京) 津山 義明 (東京) 衛藤 義弘(神奈川)
エキジ
ビジョン
下井英和(和歌山) 藤原忠広(兵庫) 中澤哲也(静岡) 佐藤郁子(宮城) 星野勝由(神奈川)

第44回
(千 葉)
平成4年

第 1 部 田辺 明光 (島根) 鈴木 盛之 (東京) 小牟礼 郁(鹿児島)
   
第 3 部 山田 哲也 (東京) 伊藤 隆行(神奈川) 若林 勝治 (東京)

第45回
(高 知)
平成5年

第 1 部 鈴木 盛之 (東京) 杉崎 孝伸 (新潟) 白井  勝 (大阪)
第 2 部 渡辺 修一 (東京) 木下 裕章 (東京) 安藤 幸光 (東京)
第 3 部 根津 英和 (京都) 靱尾 正人 (大阪) 武藤  均 (千葉)
エキジ
ビション
藤原忠広(兵庫) 伊藤功夫(東京) 藤本 靖(和歌山) 星野千亜紀(神奈川) 上垣幸久(兵庫)

第46回
(岐 阜)
平成6年

第 1 部 南  光男 (大阪) 白井  勝 (大阪) 林  淳泰 (東京)
第 2 部 木下 裕章 (東京) 花鳥 和久 (千葉) 小木もえ子 (新潟)
第 3 部 靱尾 正人 (大阪) 斉藤 芳樹 (東京) 武蔵  均 (千葉)
第 4 部 永尾 政信 (京都) 阿部 雄一 (埼玉) 小野寺貴史 (東京)
エキジ
ビション
徳廣且智(高知) 伊達功夫(東京) 出口真由美(愛知) 藤本正司(兵庫) 山岡知子(岡山)

第47回
(佐 賀)
平成7年

第 1 部 林  淳泰 (東京) 小林 正男 (愛知) 村瀬 史郎 (京都)
第 2 部 花島 和久 (千葉) 岩楯 宏二 (東京) 由藤 秀樹(神奈川)
第 3 部 岩田 博之 (佐賀) 藤井 健良 (大阪) 武蔵  均 (千葉)
第 4 部 松井  淳 (大阪) 川井 健二 (島根) 田口 善康 (大阪)

第48回
(奈 良)
平成8年

第 1 部 高田 雅浩 (東京) 村瀬 史朗 (京都) 大石 一也 (新潟)
第 2 部 下地 宏和 (大阪) 岩楯 宏二 (東京) 川畑 友几(神奈川)
第 3 部 池  和芳 (大阪) 宮本 享児(神奈川) 藤井 健良 (大阪)
第 4 部 中谷 嘉孝 (千葉) 風呂上哲二 (熊本) 田中 一隆 (京都)

第49回
(広 島)
平成9年

第 1 部 村上 重雄 (東京) 山本 博司 (栃木) 村瀬 史朗 (京都)
第 2 部 仲山 裕明 (東京) 三浦 伸一 (長崎) 黒崎 正嗣 (福岡)
第 3 部 藤井 健良 (大阪) 村田 進実 (愛知) 若林 勝治 (東京)
第 4 部 野嶋 芳明 (東京) 辻  剣一 (大阪) 上村 泰正 (広島)

第50回
(北海道)
平成10年

第 1 部 佐藤 秀樹 (東京) 横手 哲也 (福岡) 飯田 三樹 (大阪)
第 2 部 松本  章 (大阪) 染谷ちぐさ (東京) 青木 雅志(神奈川)
第 3 部 増田 直也 (大阪) 武蔵  均 (千葉) 角花 道悦(北海道)

第51回
(宮 城)
平成11年

第 1 部 山本 博司 (栃木) 岡村 卓哉 (東京) 斉藤 正己 (山梨)
第 2 部 工藤 貴徳 (東京) 安達  啓 (大阪) 林   勲(神奈川)
第 3 部 小林 義和 (兵庫) 力久 昭浩 (大阪) 早坂 精徳 (宮城)

第52回
(群 馬)
平成12年

第 1 部 安藤  聡(北海道) 佐藤 義則 (東京) 若林  弦 (東京)
第 2 部 坂口 拓也 (東京) 倉田 和俊 (東京) 鈴木 康浩 (三重)
第 3 部 福田 秀則 (千葉) 田中 泰平 (兵庫) 力久 昭浩 (大阪)

第53回
(愛 媛)
平成13年

第 1 部 山口 敬史 (東京) 泥谷  誠 (大阪) 仲野 英嘉 (東京)
第 2 部 平良 幸乃(神奈川) 倉田 和俊 (東京) 山本 泰造(神奈川)
第 3 部 岡  康浩 (三重) 西村 克彦 (長崎) 山口 貴志 (福岡)

第54回
(福 井)
平成14年

第 1 部 小野寺幸祐 (東京) 泥谷  誠 (大阪) 佐藤 義則 (東京)
第 2 部 倉田 和俊 (東京) 荻野 勝幸(神奈川) 山本 泰造(神奈川)
第 3 部 力久 昭浩 (大阪) 津島 秀憲 (大阪) 木野島 徹 (大阪)
エキジ
ビション
山下標子(山口) 黒木奈都美(大阪) 吉元弓乃(大阪) 長谷川純子(大阪) 駒見恵理子(東京)

第55回
(福 岡)
平成15年

第 1 部 飛田 恭志 (東京) 泥谷  誠 (大阪) 小倉 功之 (三重)
第 2 部 荻野 勝幸(神奈川) 武藤  優 (千葉) 岡原 伸明 (大阪)
第 3 部 木野島 徹 (大阪) 山口 貴志 (福岡) 小伏脇隆ノ介(石川)
エキジ
ビション
駒見恵理子(東京)鈴木健一(埼玉)杉尾枝美(山口)山崎静香(新潟)佐藤隆平(愛知)

第56回
(愛 知)
平成16年

第 1 部 泥谷  誠 (大阪) 近  和徳 (東京) 鴨志田進二 (茨城)
第 2 部 石川佳代子 (東京) 久後 靖幸 (愛知) 岡原 伸明 (大阪)
第 3 部 山口 貴志 (福岡) 川上 正博(神奈川) 西村 克彦 (長崎)
エキジ
ビジョン
柏崎恵(東京)永倉佳代子(神奈川)川野智里(東京)福田加代(熊本)渡部陽子(東京)

第57回
(岡 山)
平成17年

第 1 部 宮坂友有樹 (東京) 近  和徳 (新潟) 中本 欽也 (大阪)
第 2 部 栗野 大輔 (東京) 山崎 伸司 (大阪) 岡原 伸明 (大阪)
第 3 部 早坂 精徳 (宮城) 片岡 天平 (大阪) 柘植 昌希 (愛知)
第 4 部 周  成榮 (兵庫) 山﨑  桂 (東京) 金城 光太 (沖縄)
エキジ
ビション
山﨑静香(新潟)中原義人(北海道)新保美和(大阪)渡部陽子(東京)平野利枝(兵庫)

第58回
(北海道)
平成18年

第 1 部 近  和徳 (新潟) 若林  豪 (東京) 中本 欽也 (大阪)
第 2 部 山崎 伸司 (大阪) 丸山 一樹 (東京) 西川 和克(神奈川)
第 3 部 西村 克彦 (長崎) 高橋 淳哉 (大阪) 大山 英行 (茨城)
第 4 部 當間 美樹 (沖縄) 大森 隆司 (京都) 金城 光太 (沖縄)
エキジ
ビション
古川絵里奈(福岡)花森美子(富山)倉重勝憲(山口)中原義人(北海道)間宮彩(東京)

第59回
(岩 手)
平成19年

第 1 部 中本 欽也 (大阪) 濱野 雄一 (東京) 鴨志田進二 (茨城)
第 2 部 小栗 達哉 (東京) 丸山 一樹 (東京) 山田 英哉 (大阪)
第 3 部 高橋 淳哉 (大阪) 浅田 学嗣 (大阪) 本多 修憲 (京都)
第 4 部 山﨑  桂 (東京) 佐々木貴保 (東京) 辻  佑輔 (山形)

第60回
(茨 城)
平成20年

第 1 部 坂元 久文 (福岡) 篠﨑 友紀 (茨城) 鴨志田進二 (茨城)
第 2 部 丸山 一樹 (東京) 田邊 健一 (島根) 友部 貴之 (東京)
第 3 部 浅田 学嗣 (大阪) 片岡 天平 (大阪) 石川 信次 (東京)
第 4 部 辻  佑輔 (山形) 上原 正裕 (東京) 根岸 志匡 (東京)

第61回
(京 都)
平成21年

第 1 部 鴨志田進二 (茨城) 濱野 雄一 (東京) 畠山 英樹 (東京)
第 2 部 山田 英哉 (大阪) 友部 貴之 (東京) 本宮 誠一 (東京)
第 3 部 本多 修憲 (京都) 石川 信次 (東京) 片岡 天平 (大阪)
第 4 部 根岸 志匡 (東京) 上原 正裕 (東京) 伊藤 祐司 (東京)

第62回
(香 川)
平成22年

第 1 部 片桐 寿彦 (愛知) 木村亜里須 (東京) 倉重 勝憲 (山口)
第 2 部 友部 貴之 (東京) 西関  誠 (兵庫) 川上 美紀 (長崎)
第 3 部 石川 信次 (東京) 小林 雄太 (東京) 東  幸範(北海道)

第63回
(沖 縄)
平成23年

第 1 部 長澤 健史 (大阪) 水野 友一 (大阪) 小関 崇嗣 (東京)
第 2 部 近  和也 (東京) 荻原 奈々 (東京) 中村 啓介 (東京)
第 3 部 小林 雄太 (東京) 片岡 天平 (大阪) 佐野 宙史 (山口)

第64回
(富 山)
平成24年

第 1 部 水野 友一 (大阪) 小関 崇嗣 (東京) 牟田口則之 (福岡)
第 2 部 中村 啓介 (東京) 天谷 美貴 (東京) 荻原 奈々 (東京)
第 3 部 片岡 天平 (大阪) 佐野 宙史 (山口) 高橋  旬 (東京)

第65回
(山 口)
平成25年

第 1 部 北河 輝夫 (千葉) 牟田口則之 (福岡) 石本 正英(神奈川)
第 2 部 荻原 奈々 (東京) 玉川 紀信 (東京) 蓮沼 拓人 (東京)
第 3 部 吉澤  隆 (富山) 江川  聖 (新潟) 高橋  旬 (東京)

第66回
(山 形)
平成26年

第 1 部 佐藤 克則 (東京) 西岡 貴志 (広島) 塩澤  錬 (東京)
第 2 部 大崎恵里奈 (東京) 谷  欣文 (大阪) 玉川 紀信 (東京)
第 3 部 小杉 健太 (静岡) 島本 文子 (広島) 大垣 俊也 (大阪)
ふるさと
部門
小玉 博文 (愛媛) 安藤 優子 (秋田) 大森 利夫 (愛媛)

第67回
(埼 玉)
平成27年

第 1 部 西岡 貴志 (広島) 小針 秀文 (群馬) 高橋 国光 (東京)
第 2 部 蓮沼 拓人 (東京) 谷  欣文 (大阪) 川岸 正吉 (東京)
第 3 部 牧田 洋平 (千葉) 根岸 徳之 (東京) 内田 健人 (東京)

第68回
(高 知)
平成28年

第 1 部 仲山 浩史 (東京) 伊藤 雄介(北海道) 塩澤  錬 (東京)
第 2 部 谷  欣文 (大阪) 川岸 正吉 (東京) 掛巣  舞 (千葉)
第 3 部 荒井  翔 (東京) 吉田 和生 (熊本) 梅本 崇司(和歌山)
よさこい
部門
鳴海  勝 (大分) 西  榮三 (京都) 本間 義和(神奈川)

第69回
(和歌山)
平成29年

第 1 部 牟田口桃子 (福岡) 牟田口則之 (福岡) 伊藤 雄介(北海道)
第 2 部
人間
後藤 理恵 (大分) 藤田 大祐(北海道) 鶴見健太郎 (東京)
第 2 部
マネキン
鷲野倫太郎 (福井) 古鷹 美希 (愛知) 片桐亜希子 (長野)
第 3 部 吉田 和生 (熊本) 松居  篤 (京都) 永井 哲雄 (群馬)
吉宗大賞 大森 隆司 (京都) 原田 昌司(鹿児島) 安藤 重一 (福島)