2020年度クールビズ

 

夏を涼しく快適に過ごす2020年版クールビズヘアをご提案します。

クールビズヘアは「髪を1cm切って体感温度を1℃下げる」をキャッチフレーズに、国内から「クールビズヘア部門」と海外から「インターナショナル部門」を募集し、下記の方が入賞されました。同時に募集しました「脱プラスチックへの提案」では最優秀に東京都の篠田哲次さんが選ばれ、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて募集した「サニテーションヘア」には京都府の木村有貴さんが入賞しました。(全体の応募数は75)
併せて、地球温暖化対策の一環として、理美容用品を扱う企業さまに脱プラスチック製品等の調査を行いました。(すべて敬称略)

暑い季節に向かって、涼しげでオシャレなクールビズヘアで、涼しい夏を家族みんなで体験してみてはいかがでしょうか。

例年は、環境大臣をお招きして発表会を開催していますが、本年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となりました。

 

クールビズヘア部門

最優秀賞 優秀賞

久村直矢(佐賀県)

梅本崇司(和歌山県)
入 選

境真作(佐賀県)

吉田龍輝
(高津理容美容専門学校)

後藤優太
(国際文化理容美容専門学校)
     

インターナショナル部門

最優秀賞 優秀賞

RUFFIANS COVENT GARDEN
(イギリス)

裵 倞爛(韓国)

脱プラスチックへの提案

最優秀賞

「72a(セブンツーアクション)を組合員で」篠田哲次(東京都)

 海洋においてのプラスチックゴミ、及びマイクロプラスチック産出問題に向き合い、OMC台湾全国大会で、脱プラスチ
ックを呼びかけた事案に大賛同しました。自分の消費活動に環境を考える事で、プラスチックを減らせるエシカルな生活を
組合員の方々に提案したいです。

 

1ダッカールピンはプラスチックがないものを使用する。(写真A)

2ロッドワインディングでのペーパーは、使い捨て商品でなく繰り返し使用できるモノを多用する。(写真B)

3商品を選択する際、容器に着目。紙パックなどは数メーカーが商品化している。レフィルタイプはプラスチック使用量を8割削減できる。

4自治体協力。筆者は地元、東京都板橋区環境課とゴミ減量化において、定期的に会合しているが、理美容世界大会日本開催とリンクがあれば、情報発信そのものが理美容の宣伝活動になると感じる。

5光刃物のエシカル行動。商品容器を、プラスチックから伐採木を利用した木工製品へ。セルロースや紙袋を多用。研磨作業をより充実させてサロンに還元する姿勢は、まさに今後のメーカーとしての環境対策がある全理連でアピールしてほしい。(写真D)

6㈱ビューザックのステップ。理容サロン向けシェービング商品の容器を、現在庫が終了次第、レフィールに切り替える予定。
 尚、ビューザックは理容組合に協賛していて、今回の世界大会にも協力す体制を感じる。

 72a(セブンツーアクション)。これは自分が商品選択する時に、普段優先、耐久性、安全性、デザイン等々の他に、環境を加えることにより、プラスチック量を約7割削減できる消費活動の事です。組合員に拡がれば、大きな潮流になって、理美容がワンチームを形成して、日本でのOMC大会を盛り上げると思います。



サニテーションヘア

入 賞


木村有貴(京都府)

脱プラスチック取り組み企業

1.イリア化学株式会社

2.栄進産業

3.クラシエホームプロダクツ販売株式会社(日理株式会社)

4.資生堂プロフェッショナル株式会社

5.大洋商会

6.ルベル/タカラベルモント株式会社

7.株式会社フィヨーレコスメティックス(滝川株式会社)

8.株式会社ミルボン

 

Translate »
ツールバーへスキップ