2009年度クールビズ

■理容室 クールビズ宣言
-理容業の地球温暖化対策―

~クールビズ理容室&クールビズ・ヘア入賞作品発表~

私たち、全国理容連合会が地球温暖化に対してできることとは?
2009年夏、全国の理容室は、室温28℃のクールビズ理容室になります。
取り組み店舗には、国民的プロジェクト「チーム・マイナス6%」(環境省)と連携して製作した「クールビズ理容室」ステッカーを掲示してエアコンの温度を調整することで、実質的なCO2削減を図りながら、社会的エコ意識の高揚に努めます。
また、ヘアスタイルのプロである全国の理容師から「クールビズ・ヘアスタイル」を募集し、クールビズファッションとマッチした、夏をオシャレに楽しく、快適に過ごせるヘアスタイルの提案も実施しています。
今年は全国から78作品の応募がありました。
全国理容連合会では、クールビズ理容室キャンペーンやクールビズ・ヘアスタイルの提案などをとおして、皆さまと一緒に地球温暖化対策に取り組みます。

 クールビズ理容店のロゴマーク
 
 
 【2009クールビズ・ヘア入賞作品】

5月31日、このキャンペーンを広く皆さまにご理解いただくため、チーム・マイナス6%主催の「COOL BIZ 2009」キックオフイベントに参加して、クールビズ・ヘアのヘアショーや、夏なのにひんやり涼感が愉しめる「冷シャンプー」の提案などを行いました。
また、6月3日には、マスコミ各社をお招きして記者発表を行いました。
全国理容連合会では、地域に密着し国民生活にもっとも近い存在として、地球温暖化対策に取り組んでまいります。


5月31日の「COOL BIZ 2009」キックオフイベントで行ったクールビズ・ヘアショー。
「髪を1cm短くして体感温度を1℃下げる」をキャッチフレーズに、オシャレなクールビズ・ヘアが提案されました。


6月3日の記者発表の模様。前列右が大森利夫全国理容連合会理事長、左が地球温暖化対策を担当している環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室の染野憲治室長。後列右はクールビズ・ヘア最優秀の濱野雄一さん