OMCアジアカップ2013結果

シニア選手は出場部門すべてで金メダル!
ジュニア選手は高橋選手が金メダル!

  2013年11月17・18日の2日間、台湾・台北市内にある花博公園争艶館で、OMC加盟11カ国・地域から約260名(理美容含む)の選手が参加して開催されました。
  理容日本代表選手は、シニアチームがテクニカルカテゴリー、プログレシブファッションカテゴリーの両部門で金メダルを獲得しました。
  個人種目では、テクニカルカテゴリー第1競技「クリエイティブ」で、片桐寿彦選手が金、倉重勝憲選手が銀メダル、栗野大輔選手が4位に入賞し、第2競技「クラシックカット」で、片桐選手が金メダル、倉重選手が5位に入賞しました。プログレシブファッションカテゴリー第1競技「トータルルック」では、栗野選手が金、片桐選手が銀、倉重選手が銅メダル、第2競技「カット&スタイル」で、片桐選手が金、栗野選手が銀、倉重選手が銅メダルを獲得し日本選手が表彰台を独占しました。ジュニア選手は、高橋ちなつ選手がプログレシブファッションカテゴリー第1競技「トータルルック」で銀、第2競技「カット&スタイル」で金メダルを獲得しました。

シニア部門

ジュニア部門

OMCアジアカップ2013日本理容チーム

トレーナー    花島和久(全理連中央講師・千葉県)

         佐藤秀樹(全理連中央講師・東京都)

 

選  手     シニア部門      1.片桐寿彦(愛知県)

                    2.倉重勝憲(山口県)

                    3.栗野大輔(鹿児島県)

          ジュニア部門    1.尾形恵理(東京都)

                    2.高橋ちなつ(東京都)