理容グッズの歴史
    ヨーロッパの理容店の看板は、大きく2種類に分けられ、ひとつは真鍮や銅製の皿、もうひとつがサインポール。どちらも中世の理容外科医ゆかりの品のため、目印として使用されてきました。小道具ひとつをとっても、その時代の世相が反映されていることがわかりますね。

年代

バーバーショップ

グッズ

17

パリの外科医メヤーナ・キールが、赤・白・青のサインポールをかかげ、理容師として旗揚げする。

瀉血(しゃけつ)の時に使われた赤い棒と包帯は、軒先に吊して干されていたが、風によって螺旋状に巻きつき、赤白のサインポールになったと言われている。

髪結職に鑑札が発行される。

西欧の大衆理容店は、日本の髪結床と同じように人気のある集会所、地域の情報交換発信の場所としての役割を果たしていた。
日本との大きな違いは、店に置いてあるのが将棋盤ではなく、演奏好きのための楽器が備えられていた点だ。

理容師の使用器具は、水だらい、ナイフ、櫛、鋏、その他ひげを剃ったり飾ったりするための備品などであった。(コーソン「西洋髪型図鑑)

●理容師の道具(かつら用)


 1)
2)
3)
4)
5)
6)

7)
8)
9)
10)
11)
12)
13)
14)
15)

湯沸かし
ひげ剃り用洗面器
ひげ剃り用石鹸
剃刀用皮砥
スポンジ
スズ製ボトル
(ひげ剃りに使う水を持ち歩く)
砥石
剃石
カールペーパーで包んだ髪の毛
ピンチングアイロン(カールをつくる)
髪粉用マスク
髪粉用パフの毛の部分
髪粉袋(携帯用)
髪粉入れ
前髪用アイロン

18

理容師と外科医の分裂により、理容師は青白、外科医は赤白に塗るよう定められた。

サインポールの頭についている「玉」は、かつて理容店の看板に使われていた皿やコップ、壺などが変化して「玉」になったとされている。

●サインポール●

天保の改革で髪飾りなど無益の贅沢品を禁止。

サインポールは、西洋理容とともに輸入され、アルヘイ棒と呼ばれた。これはポルトガルの砂糖菓子「アルヘイ」のひねりを加えた形によく似ていたことに由来している。

剃刀は、6世紀に仏教とともに中国から朝鮮を経て日本に伝わった。戦国時代、武士の月代(さかやき)を剃る風潮が起こった。その最初の人物が織田信長だといわれる。

●剃刀の変遷●

西洋の剃刀 日本の剃刀 政宗の剃刀

●鋏の変遷●

和鋏(摺鋏)
大型調髪鋏
カット鋏

19

横浜で斬髪店開業される。
斬髪店の名称
 「舶来職」
 「西洋床」
 「散髪職」
 「西洋刈込所」
 「西洋風髪剪所」
 「英仏産髪剪所」

1890年代のサロンが一緒になったバーバーショップ。

髪結職を理容店と改称。

東京で最後の髪結廃業。

●バリカンの変遷●

両手バリカンがフランスより輸入される。これをヒントに小型化した両手式バリカンが日本で売り出される。

バリカン(正式名・クリッパー)は、フランスのバリカンエマール製作所の創立者バリカンによって発明された。

両手バリカン
手バリカン
アメリカから輸入された電気バリカンをもとに国産化
電気バリカン

20

ニューヨークのハイクラスバーバーショップ。
靴磨きや、たばこの売店なども設置されている。

ドイツ製レーザー輸入される。

植物性ポマード製造開始。

女性理容師が登場する。

終戦時の東京店舗1500店。

カッティング技術に梳き鋏を導入し、新分野が開拓される。

ヘアブリーチやヘアダイが盛んとなる。

ヘアワックスが普及。

ヘッドスパ、クリームバスなどが流行。

ユニセックスサロン増加。

パーマネントの機械輸入される。

ハンドドライヤーが普及した。

電気アイロンが発明され、加湿、断熱の温度調節が容易になった。

高級なハイドリック式や回転イスなどの時代が続き、昭和40年に電動椅子が登場する。






替え刃式剃刀が一般化。

21

リアシャンプー機器導入店増加。

エステティックに対応した個室設置店増加。

シェービング専門店出現。

クリープパーマ、新還元剤を使ったパーマが注目される。

メンズオンリーサロンが注目される。

スライドカット用の鋏が普及。

新型パーマ機器の開発進む。