理容遺産

  人々の暮らしに密着して発展してきた理容業。全国にはその歴史を伝える史跡が点在しています。
全国理容連合会では、歴史に残る理容関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えようと
「理容遺産」を認定しています。


理容館アラタ

   平成24年9月24日、世界遺産・石見銀山内(島根県大田市)の理容館アラタに認定証が授与され、
その認定授与式典が行われました。
 理容館アラタは、大正末期に故荒田末市さんが創業し、1世紀近くにわたり銀山の街に住む人々とともに
歩んできました。
内外観は建設当時の雰囲気に修復され、今も往時の暮らしの様式を体現し、国民生活の発展と生活文化の
向上に大きく貢献したことが高く評価されました。
 式典には、数多くのマスコミが取材に駆けつけ、大森利夫全国理容連合会理事長から、
荒田耕造・美代子ご夫妻に認定証が授与され、認定を記念して大森理事長の句「銀山の理髪師の夢果てゝ秋」が
刻まれた記念碑が店頭に建立されました。

理容館アラタ
〒694-0305 島根県大田市大森町ハ79


理容遺産の認定を受けた理容館アラタ


理容遺産認定を喜ぶ大森理事長(右)と荒田さんご夫妻


「理容遺産メニュー」へ