加入コース
 
  一般コース 個人年金コース
加入資格 組合員および従業員 一般コースに加入している方のみ
新規加入年齢 満15歳以上満75歳未満
※満75歳まで継続加入できます。
満15歳以上満65歳未満
※満75歳まで継続加入できます。
加入日 月 払 毎月1日加入。 毎月1日加入。
一時払 2月1日と8月1日の年2回のみ。※各コースとも一時払のみの加入はできません。
掛金 月 払 1口1,000円
(最低3口以上の加入が必要です)
1口1,000円
(1口から加入できます)
一時払 1口100,000円
(両方のコースの加入口数を合わせて200口まで加入できます)
年金受取の条件 満60歳以上で年金月額が5,000円以上のとき。加入期間の制限はなし。 満60歳以上で年金月額の制限はなし。加入期間が10年以上必要。
脱退一時金 加入者が死亡またはやむを得ない理由で、制度を脱退するときは加入期間に応じた脱退一時金を支払います。
税法上の特典 掛金の一部が生命保険料控除の対象となります。 掛金の一部が個人年金保険料控除の対象となります。
月払掛金は1口当たり980円、一時払掛金は1口当たり99.900円の保険料になります。
(注) 1. 死亡による脱退の場合は遺族見舞金(月払1口当たり10,000円)が加算されます。
2. 掛金には本制度の運営事務費を含んでおります。
 
年金給付内容
 
年金として受取る場合には、受取り年数等により次の4つの年金の種類があります。
●10年確定年金
   10年間一定の年金が受け取れます。
途中で死亡した場合は、遺族年金(または一時金)としてその残余期間分を受け取ることができます。
●15年確定逓増型年金
15年間毎年増え続ける年金が受け取れます。
途中で死亡した場合は、遺族年金(または一時金)としてその残余期間分を受け取ることができます。
●15年保証終身年金
生存中終身にわたり一定の年金が受け取れます。
なお、15年(保証期間)未満で死亡した場合は、その遺族が遺族年金(または一時金)としてその15年(保証期間)の残余期間分を受け取ることができます。
●10年保証夫婦連生終身年金
10年間は生死にかかわらず、11年目以降は受給者または配偶者のどちらかが生存している限り、年金が受け取れます。
ただし、受給者死亡の場合、配偶者の受取年金額は11年目以降は60%の支払いとなります。
 
一時金・年金月額試算例(概算)
 
月払/1口1,000円につき     (単位:円)
経過年数 掛金累計額 脱退一時金 10年確定
年金
年金月額
1年 12,000 約11,550 約100
3年 36,000 約34,980 約304
5年 60,000 約58,850 約512
10年 120,000 約120,450 約1,049
15年 180,000 約184,880 約1,610
20年 240,000 約252,230 約2,197
  
一時払/1口100,000円
 
経過年数
 
掛金累計額  
脱退一時金
 
1年 100,000 約99,120
3年 100,000 約100,980
5年 100,000 約102,860
10年 100,000 約107,690
15年 100,000 約112,700
20年 100,000 約117,900
表示金額は、平成29年3月1日現在の予定利率(約1.12%)で試算しています。平成28年度の引受規模で、推移した場合の概算金額となります。したがって実際にお支払いする金額は変動(増減)することがあり、将来のお支払い額を約束するものではありません。
.
 
加入申込について