安倍総理官邸で


 2月15日、大森利夫理事長が、内閣総理大臣官邸においての「生産性向上国民運動推進協議会」に出席。
 全国理容連合会のオリンピック・パラリンピックに向けてのインバウンド対策、さらには日本の素晴らしい理容の技を訪日外国人に知ってもらう、来てもらう、喜んでもらうICTを使っての「ジャパン・バーバー」への構想を述べた。
 また、全国生活衛生同業組合中央会理事長としても、高齢者、障害者、子育て支援など、訪問サービスの開発へのICT活用をも力強くプレゼンを行った。その日は安倍晋三総理、世耕弘成・茂木敏充両大臣が出席。衛藤晟一総理補佐官も会議を見守った。今後の生産性向上に向けての理容連合会や生衛中央会が「時流に乗るべし、先んずるべし」につながるか注目である。