2006全理連ニューヘア“impression X”

創造的な仕事の数だけ「感動(インプレッション)」が生まれ、
「感動(インプレッション)」の数だけ発展にもつながる。

全国理容連合会が2006年に向けて発表するニュースタイルは「impression X」
長い=短い、古い=新しい、ソフト=ワイルド、コンサバ=アバンギャルド…
相反するものを取り入れながらも、絶妙なコントラストで
造形的にも美しくバランスを維持することで
“今という時代のテイスト”を表現するスタイルです。


いつも、洗い立ての、染みひとつない自分でいたいと思う。

欧米はもちろん、日本でも、かつてのように皆が右へならえの、型どおりの流行は存在しない。

時代の大きなトレンドを感じさせながらも、一人ひとりが自己表現をより愉しむようになってきました。

大切なのは “いかに感動が生まれるか”
impression Xは、「感動」をお客さまと一緒に創りあげていきます。