技能五輪国際大会とは?

 

技能五輪国際大会とは? 

 技能五輪国際大会とはワールドスキルズインターナショナル(WSI:World Skills International)が2年ごとに開催する国際的な技能の競技大会です。

 大会の目的は参加国における職業訓練及び教育、職業訓練に関するあらゆる事項についての自由な情報交換、会員国間における青年技能労働者および訓練スタッフの交流、技能労働者及び職業訓練全般の社会的地位の向上を図ることなどとなっています。

 大会の始まりは、1950年にスペインの職業青年団が提唱し、隣国のポルトガルとの間で各12名の選手が技能を競ったことがその源となっています。以来、回を重ねるごとに参加国と出場選手が増加してゆき「若い技能労働者の祭典」と呼ばれるに相応しい一大事業へと発展してきました。

 競技は、美容/理容をはじめ、メカトロニクス、配管、左官など40数業種におよぶ職種で技能が競われます。なお、青年技能者を対象とした競技大会のため、出場資格は大会開催年に「22歳以下であること」となっています(一部職種を除く)。

 

□大会一覧

  開催年 開催国・都市
第55回 2018年 ロシア連邦・カザン
第44回 2017年 アラブ首長国連邦・アブダビ
第43回 2015年 ブラジル・サンパウロ
第42回 2013年 ドイツ・ライプツィヒ
第41回 2011年 イギリス・ロンドン
第40回 2009年 カナダ・カルガリー
第39回 2007年 日本・静岡
第38回 2005年 フィンランド・ヘルシンキ
第37回 2003年 スイス・ザンクトガレン
第36回 2001年 韓国・ソウル
第35回 1999年 カナダ・モントリオール
第34回 1997年 スイス・ザンクトガレン
第33回 1995年 フランス・リヨン
第32回 1993年 台湾・台北
第31回 1991年 オランダ・アムステルダム
第30回 1989年 イギリス・バーミンガム
第29回 1988年 オーストラリア・シドニー
第28回 1985年 日本・大阪
第27回 1983年 オーストリア・リンツ
第26回 1981年 アメリカ・アトランタ
第25回 1979年 アイルランド・コーク
第24回 1978年 韓国・プサン
第23回 1977年 オランダ・ユトレヒト
第22回 1975年 スペイン・マドリッド
第21回 1973年 ドイツ・ミュンヘン
第20回 1971年 スペイン・ヒホン
第19回 1970年 日本・東京
第18回 1969年 ベルギー・ブリュッセル
第17回 1968年 スイス・ベルン
第16回 1967年 スペイン・マドリッド
第15回 1966年 オランダ・ユトレヒト
第14回 1965年 イギリス・グラスゴー
第13回 1964年 ポルトガル・リスボン
第12回 1963年 アイルランド・ダブリン
第11回 1962年 スペイン・ヒホン
第10回 1961年 ドイツ・ドゥイスブルク
第9回 1960年 スペイン・バルセロナ
第8回 1959年 イタリア・モデナ
第7回 1958年 ベルギー・ブリュッセル
第6回 1957年 スペイン・マドリッド
第5回 1956年 スペイン・マドリッド
第4回 1955年 スペイン・マドリッド
第3回 1953年 スペイン・マドリッド
第2回 1951年 スペイン・マドリッド
第1回 1950年 スペイン・マドリッド