消費者還元・キャッシュレス推進事業はじまる

 経済産業省から「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店向け決済事業者一覧が発表されました。
 一覧およびサービス内容は、「キャッシュレス・消費者還元事業」ホームページの「中小・小規模事業者のみなさま」からご確認ください。

 現在使用中のキャッシュレス決済手段を継続して使用する場合も、新しく導入、プランを見直すという場合も「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加するには、決済事業者への申込が必要ですので、必ずリストに記載の決済事業者の問い合わせ窓口に連絡してください。
 事業に参加しないと、お客さまがキャッシュレス決済を行った場合でも、5%のポイント還元は行われません。

  全国理容連合会は、エアペイ(リクルートライフスタイル株式会社)三菱UFJニコス株式会社PayPay株式会社の3社と協力しながら理容サロンのキャッシュレス化を推進しています(各社のサービス内容の詳細は、社名をクリック)。
 エアペイでは、登録申し込み開始日より「キャッシュレス0円キャンペーン」を予定しています。新規申し込み時限定で、カードリーダーに合わせて、iPadが0円で貸与されます。先着順の超お得なキャンペーンですのでお見逃しなく。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の概略は下記のとおりです。

理容サロンのメリット
①キャッシュレス決済端末の導入費用負担がない (端末導入費の2/3を国が、1/3を決済事業者が負担)。
 
※インターネット接続機器の導入費が別途かかる場合もあります。
②決済手数料が3.25%以下となり、その内1/3は国からの補助を受けられることから、手数料が2.17%以下となる(期間中)。
③販売したサービス等に5%のお客さま還元があるため、割安な商品提供が可能になる。

お客さまのメリット
①事業に登録した店舗で、キャッシュレス決済を行った場合、金額の5ポイントが還元される。
②同事業を通じてキャッシュレス決済対応の店舗が増えることで、ポイントをためやすくなる。