さらば箱舟

(作品紹介)
  発売元:ジェネオンエンタテインメント・1984年作品・カラー127分

(ストーリー)
  架空の村の本家の跡取り・大作(原田芳雄)が、本家以外の時計を海岸に埋め、村の時間は本家の所有となった。大作のいとこ・捨吉(山崎努)は、近親婚を禁ずる掟を破り、分家の妹・スエ(小川真由美)と暮らしていたが、ある日、大作を殺してしまい幻覚などに悩まされるようになる…。

(理容店の風景)
  中盤、捨吉は村で二つ目の時計を手にするが、村人に見つかり破壊される。破壊前、村人たちが神父に相談に行くと、神父は教会で出張理容を受けていた。

Translate »
ツールバーへスキップ